名古屋名物 元祖鯱もなか本店の歴史

名古屋のシンボル、名古屋城天守閣の「金のしゃちほこ」は、長い年月、私たちの歴史を見守り続けてきました。
時代が移り人は変わっても、変わらないその姿は、私たちの心のふるさとです。

1907年明治40年に御園町(現在の御園通。伏見通の一つ西筋)開業いたしました。1921年大正10年に、旧名古屋城天守閣上の金の鯱を型取って苦心研究の結果創製したもので、風味絶佳、お茶うけによく、名古屋名物として地方色豊かで、おみやげとして出来たのが、鯱もなかです。戦争でお店が開店出来ず、戦後に、現在の住所に移転。

元祖鯱もなかは、全国菓子観光博覧会にて名誉大金賞牌受領。名古屋市観光土産品協会推薦品にもなっております。

近年では、地元の鶏「名古屋コーチン」の卵の黄身を使用した名古屋コーチンなめらかプリンが、フジテレビの番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、食わず嫌い王に出演した加藤晴彦さんのお土産としてご利用されました。地元の中京テレビの番組「PS」・日本テレビの番組「秘密のケンミンSHOW」・東海テレビの番組「スタイルプラス」など数多くのメディアでもご紹介して頂きました。

元祖鯱もなか本店は、1921年の大正10年の元祖鯱もなかの創製から、親子3代にわたり、名古屋のシンボルの金のしゃちほこをイメージした鯱の御菓子を続けております。これからも、鯱の御菓子を和と洋に区別しないで、新感覚の御菓子を製造、販売させて頂きます。


ページトップ